ALLNIGHT HAPS2019 " Kangaru "


映画「Arrival(邦題:メッセージ)」の作中で、カンガルーの名前の由来についての話が登場します。 ジェームズ・クックの探検隊がオーストラリアを訪れた際、先住民にカンガルーを指して「あの動物はなんだ?」と尋ねたところ、「カンガルー」と返ってきたのでそう名付けますが、「カンガルー」とは現地の言葉で「あなたが何を言っているか分からない」という意味だったという話です。主人公の言語学者ルイーズがエイリアンとのコミュニケーションを依頼してきたウェバー大佐に対して、異文化間でのコミュニケーションの難しさを語るため、これを例え話として話します。
しかしこの話は嘘で、誰が広めたのかもはっきり分からないジョークだというのが真実です。

わたしたちは同じ場所にいながらも、異なる文化を持って生活をしています。けれどときに生活を同じくしたり、同じ方向を向いて協力することが可能です。その中でカンガルーの逸話のように真偽が分からず進んでいくこともあると思います。勘違いが楽しい発見に繋がることもあるかもしれません。
自分と関わりがある対象が異なる文化を持っていることや自分とその対象の距離に気付いたとき、何か行動を起こさなければならないことがあるかもしれません。そのとき大事なのは、その行動を取ったときに、それぞれがそれぞれのままでいながら、お互いのよき隣人でい続けられるのかということだと思います。

2018年11月18日
黒木結


今回の展覧会では、出展作家には次のような条件で制作を行っていただきます。

Kangaruのためのスコア

1.
同じ場所にいて違う方向を向いている人
または
違う場所にいて同じ方向を向いている人
をひとり選んで、制作・展示を行うこと
(人間であれば、美術作家でなくても構わない)

2.
1に当てはまる人と制作をする際に、必要最小限の人数で作品制作・展示を行うこと。

3.
1・2の条件で制作続行が不可能になった場合、新たな条件を考え、追加できる。


1st Exihibition


展示空間 Kangaru

展覧会コンセプトを示すものとしてそれぞれがビジュアルイメージを作成し、

両面刷りのフライヤーを作成した。

展示空間_Kangaru

(中熊友之によるデザイン)

展示空間_Kangaru

(黒木結によるデザイン)


2nd Exhibition


coming soon


3rd Exhibition


coming soon


4th Exhibition


coming soon